Pocket

寝る前にヨーグルトを食べたり、夕飯と一緒にワインを飲んだりと、発酵食品と私たちの生活はもはや切っても切れない関係です。しかし発酵食品が体に良いということは知っていても、具体的にどのような効果があるかまでは、意外と知られていません。そこで今回は、発酵食品が持つ効果と、食品についてご紹介していきます。

発酵食品がもたらす効果

cheering woman open arms at sunrise mountain peak

食材に付着した微生物の活動により、元の食材にはない美味しさや人にとって有益な栄養分が加わった食品へと生まれ変わったのが、発酵食品です。

発酵することによって、様々な効果が得られるようになります。

 体に良い栄養分が増える

味や匂いを変化させるだけでなく、食材の持つ体に良い成分をさらに増幅させます。

 保存性が高まる

多くの発酵食品は、もともと保存食として生み出されたものも少なくないため、長期間の保存にも適しています

 抗酸化作用が強くなる

食材が発酵することで、抗酸化作用が強くなります

生の状態では十分な働きができないものも、発酵する過程で非常に強い抗酸化作用を持つようになるのです。

 

主な発酵食品

普段の生活に取り入れやすい発酵食品

Common natto (the soybean which let you ferment) Japanese foods

日本発祥のものもあれば、海外から入ってきた食材もあり、取り入れやすいです。

  • キムチ
  • 納豆
  • ピクルス
  • メンマ

発酵食品でもある調味料

Soy sauce ,Soya, and soybean on sack

食事には欠かせない調味料にも、発酵食品は多く存在します。

  • 醤油
  • 味噌
  • お酢
  • ワインビネガー

乳製品の発酵食品

Various types of cheese

カルシウム補給から、日常的に食べている人も多い食品です。

  • チーズ
  • クリームチーズ
  • ヨーグルト

発酵して作られるアルコール飲料

Closeup portrait of young female customer drinking red wine with eyes closed

飲みすぎは体に毒ですが、適度の飲酒は体に良い影響を与えてくれます。

  • 日本酒
  • 焼酎
  • ワイン
  • ビール

 

発酵食品を上手に取りましょう

a set of fermented food great for gut health - top view of glass bowls against wood:  kimchi, red beets, apple cider vinegar, coconut milk yogurt, cucumber pickles, sauerkraut

発酵食品が体に良いからといって、むやみやたらと食べればいいというわけではありません。

効果的に取るポイントがいくつかあるので、ご紹介します。

動物性よりも植物性

動物性の発酵食品はたくさん食べると脂肪の取りすぎになるので、古来より日本で食されていた植物性の発酵食品を取り入れるのがオススメです。

相乗効果を狙う

食べ合わせにより、発酵食品はさらなる効果を発揮します。

  • 納豆+梅干し

梅干しの酸味が納豆の臭いや味を軽減させてくれるため、納豆が苦手な人にもオススメです。

また梅干しの成分であるクエン酸は、納豆の消化吸収率を助けてくれます

  • 納豆+チーズ

カルシウムたっぷりのチーズは、納豆に含まれるビタミンKにより、さらにカルシウムの吸収を高めてくれます

  • 納豆+キムチ

血液がサラサラになったりと、デトックス効果が期待できます。

また納豆に含まれるイソフラボンとキムチのカプサイシンが合体すると、育毛効果まで得られます。

 

freedom happy Woman Enjoying Nature. Beauty Girl Outdoor. lifestyle concept. Beauty Girl over Sky and Sun. Enjoyment.

発酵食品により腸内環境が整うと、善玉菌が活発に活動するようになり、免疫力の向上、生活習慣病の予防やダイエットなど、様々な効果が得られます。

発酵食品は美容や健康にも好影響をもたらすので、普段の食事でも積極的に多く取り入れたいものです。

 

関連記事

発酵食品で体質をチェンジ!効果的な取り入れ方やおすすめの食べ合わせって?

身体の免疫力を上げて内側からきれいに。酢玉ねぎの効果とアレンジレシピ4選

Source: ALOE

Pocket