Pocket

「恋愛から遠ざかっていると、女度が下がる気がする……だって、女性ホルモンが少なくなっちゃうんでしょ!?」

こんなふうに思い込んでいる人も、多いのではないでしょうか。

世の中にはびこっている感のある、“恋することによって女性ホルモンが増える”という説……しかし、ある有名産婦人科医はこう断言するのです。

「恋愛をしても女性ホルモンは出ません!」

その理由について、そして誤解の多い“女性の体”について、医師の見解をお伝えしましょう。

「恋をすると女性ホルモンが増える」と信じている女子大生は約9割!

“恋をすると女性ホルモンが増える”……まずは、世の中の女性たちがこの説をどの程度信じているのか、ご覧いただきましょう。

ドコモ・ヘルスケアが全国の女子大学生309名に行った「体や性に関する意識・実態の調査」では、「恋愛をすると女性ホルモンがたくさん出ると思いますか?」と質問。

すると、88%の女性が「そう思う」と回答、なんと約9割がこの説を信じていることが判明したのです!

若さゆえの結果なのか……しかし、年齢を重ねた女性の中にも、この説は「無きにしも非ず」と思っている方が少なくないかもしれません。

産婦人科専門医・宋美玄先生が語る真実……「恋をしても女性ホルモンは出ない!」

<恋愛をしても女性ホルモンは出ません!>

メディアなどでも活躍している産婦人科専門医・宋美玄先生は、同調査結果に寄せたコメントで、上記のように一刀両断しています。

女性ホルモンと恋愛に医学的根拠はなく、また女性ホルモンは多いほどいいわけでもないのだそう。

また、

<同じように、恋愛やセックスをしていないからといって、女性ホルモンが減ることもないので、安心してください。恋愛の有無にかかわらず、女性ホルモンは卵巣から淡々と分泌されます。>

とも話しています。なるほど、恋愛から遠ざかっている女性もちょっと安心!?

“冷たい食べ物=子宮を冷やす”も間違いだった!?  “女性の体”の真実

同調査では、女性たちが体についての知識を得る主なツールがインターネットであることに警鐘を鳴らしています。

もちろん正しい情報もたくさんあるものの、疑わしいものがないわけではないからです。

しかし情報過多な現代、見極める目を養わなくてはと思いつつ、どうしても不確かな情報に右往左往させられてしまうこともありますよね。

例えば、同調査で「冷たい食べ物や冷房で子宮は冷えると思いますか?」と質問したところ、77%の女性が「そう思う」と回答しました。

しかし、こちらも“冷たい食べ物や冷房で子宮は冷える”は誤った知識なのだとか。

宋先生はこう解説しています。

<子宮が冷えることは、まずありません! 人間は恒温動物です。子宮はかなり太い血管が通っているので、体の中でも一番体温が安定しているところなのです。手足が冷えたくらいでは、子宮の温度が下がることはありません。>

“女性の体=冷えは大敵!”という情報は、ある面では間違っていないのかもしれません。しかし、全てに当てはまると考えて大きくざっくり捉えすぎると、誤解を生じることになりかねません。

以上、誤解の多い“女性の体”についての医師の見解でしたが、いかがでしょうか?

「自分の体について正しい情報を知ってほしい」と宋先生。調査を行ったドコモ・ヘルスケアも、「インターネットからの情報を鵜呑みにせず、正しいか・正しくないか判断できる力をつけることも大切」と訴えています。

情報の取捨選択は、どうか慎重に!

【参考】

体や性に関する意識・実態の調査 – ドコモ・ヘルスケア株式会社

Source: BizLady

Pocket