Pocket

最近はホワイトニングがブームになっていて、“真っ白な歯”が美人の条件の一つとなってきています。

歯はタバコやワインを好まなくても、加齢によって黄ばんで見えやすいパーツでもあるので、できるだけ白く見えるよう意識しながらケアをしている女性もいるのでは?

しかしメイクのせいで、歯が黄色っぽく見えていたらショックですよね。

そこで今回は時短美容家の筆者が、歯が黄ばんで見えちゃう危険なメイクを3パターンご紹介していきます。

 

■危険1:肌を白くつくり込む

歯が黄色く見えちゃう原因の一つに、肌とのコントラストがあります。

日焼け肌だと歯がキラッと白く見えるのは、コントラストによる視覚効果も大きいです。一方、肌が真っ白だと歯が黄ばんで見えてしまうことも。

透き通るような白い肌は女性らしく感じますが、歯を白く見せるためには、歯よりもワントーン暗い肌を意識するのもテクニックです。

肌を暗くするより、シェーディングなどでつくり込むと自然に仕上がりますよ。

 

■危険2:暖色系のアイシャドウ

ブラウン系のアイシャドウが定番になっている人も多いと思いますが、歯を白く見せるという意味ではブラウンのような暖色系よりも寒色系のアイシャドウがオススメです。

暖色系のアイシャドウは顔を優しく見せてくれる反面、歯の黄味を強調して見せてしまうこともあるのです。これは視覚効果が関係してくるので、実は白目の色にも関係があります。

たとえばブルーやシルバーなどの寒色系のアイシャドウを使えば、コントラストがハッキリして歯や白目など“白い部分”が強調されやすなります。

 

■危険3:黄味の強いリップメイク

ベージュ系やオレンジ系など黄味が強い口紅やグロスは、歯が黄ばんで見えてしまう可能性があるので、要注意!

『美レンジャー』の過去記事「残念すぎる!歯が“黄ばんで見える”NGリップメイク3つ」では、視覚効果のが原因で歯が黄色く見えがちなリップメイクをご紹介しています。ぜひ、参考にしてくださいね。

レッドや青みがかったピンク系など、黄味を抑えるカラーの方が歯を白く見せる効果が高まります。

 

メイクのせいで歯が黄ばんで見えるのは、残念ですよね。加齢によって黄ばみが加速しやすいパーツだけに、メイクによって変えられるなら防ぐ術をマスターしておきたいところ。

コントラストを意識したメイクにチェンジて、より真っ白な歯に見える効果を狙っていきましょうね。

 

笑顔がステ…キじゃない! 「歯が黄ばんで見える」要注意メイク3つVenusTap(ヴィーナスタップ)で公開された投稿です。

Source: ヴィーナスタップ

Pocket